ビジネス

【神戸市】ふるさと納税を活用したクラウドファンディングで資金調達を実現

神戸市は、本市のふるさと納税を活用した起業家育成のための資金調達支援制度を利用し、クラウドファンディングに挑戦していた『谷上プロジェクト』(発起人:ChatWork株式会社 CEO 山本敏行)の寄附額が、目標値として掲げた1,500万円を大きく上回る2,674万8千円、達成率178%で終了したことをお知らせします。

続きを読む

多種多彩!都道府県のネーミングライツ10事例

ネーミングライツとは、スポーツ施設などの命名権を企業が買い、その施設名を企業名や社名ブランドに変更することです。これにより自治体は施設の維持費負担が減り、企業側は維持費を負担するものの、多くの人に企業名を覚えてもらえる宣伝効果があります。

ネーミングライツでは、これまで「○○市民球場」といった名前から「○○グループスタジアム」といったカジュアルな名前になることが多いです。

では、全国各地にあるネーミングライツの事例を詳しく見ていきましょう。

続きを読む

ネーミングライツとは?自治体・企業に及ぼすメリット

「フルキャストスタジアム宮城」や「フクダ電子アリーナ」など、スポーツ施設の中には企業名がつけられていることもあります。「東京スタジアム」から「味の素スタジアム」へ変更など、急に企業名の入った名前になると違和感を覚える人もいるかもしれません。

しかし、これらは「ネーミングライツ」と呼ばれ、スポーツ施設などにとっては運営資金調達のための重要な手法です。

今回はネーミングライツについての詳しい説明と、自治体や企業に及ぼすメリットについて解説していきます。

続きを読む

オープンデータは意外と身近!地方自治体による活用事例

オープンデータとは、行政機関などが開示しているさまざまな情報です。行政の透明性や信頼性の向上、経済の活性化と行政の効率化といった目的があり、官庁と民間企業が協力して国民に役立つ情報を開示してきました。そう聞くと難しい印象があるかもしれませんが、オープンデータは私たちの生活と密接なかかわりがあります。

例えば、地方自治体が行っているオープンデータは、街の防犯情報や防災情報などを知ることができたり、医療機関の情報も得たりすることができます。

今回は福岡市の事例を中心に、地方自治体によるオープンデータの活用事例を詳しく紹介します。

続きを読む

政府が推進するオープンデータ戦略!その定義と意義

オープンデータという言葉を知っていますか。これは東日本大震災をきっかけに、日本政府が今起きている災害情報などの開示や、透明性のある国策を国民に示すべきだとして、web上を中心にさまざまな情報を公開する方法です。

また、災害時といった特別な場合だけでなく、交通機関の利用を便利にしたり、普段食べている食材の産地を明確にしたりと、日常生活においても密接な関わりがあります。

今回は政府が推進するオープンデータ戦略の定義と意義を、詳しく見ていきましょう。

続きを読む

都道府県知事のお仕事は?何をする人なの?

都道府県のトップである知事は、住民による選挙で選ばれます。

知事はアメリカ大統領に例えられるほど大きな権限を持っています。

そもそも知事とはどんな仕事をしていて、何をする人なのでしょうか。知事の仕事や役割、同じく選挙で選ばれる議会との関係についてお伝えします。

続きを読む

活躍の場を広げる若手職人たち(広報ひろさき 平成30年1月1日号)

焼き物や塗り物など、日本各地に分布する伝統工芸。国内だけでなく海外でも高く評価されている伝統工芸ですが、多くの人はその担い手を、高齢の職人とイメージするかもしれません。

そんな中、弘前市では、青森県を代表する伝統工芸「津軽焼」「津軽塗」「津軽打刃物」のそれぞれで30代の若手職人が活躍の場を広げています。

歴史と伝統のある工芸品を引き継ぎ後世に伝えていくと同時に、現代のニーズに合わせ、若い感性を活かし新たな可能性を広げようとする3人の職人たち。

今回は「広報ひろさき」に掲載されたインタビュー記事から、彼らの想いや取り組みについてご紹介します。

続きを読む

農業でスタートアップ。47都道府県の就農支援まとめ

就農経験がない人が自ら農業を営んだり農業法人等に就職したりしようとする場合、各都道府県の用意している各種の研修制度は心強い味方です。

また、資金面についての支援では「農業次世代人材投資事業」や「青年等就農資金」の制度が各都道府県共通で取り扱われています。

今回は各都道府県独自の就農支援制度について紹介していきます。

続きを読む

自治体職員にオススメの雑誌・フリーペーパー5選

自分にとって必要な情報をインプットするとき、皆さんはどのような手段を活用していますか?

インターネットでの検索は簡単ですが、業界に特化した紙媒体の力もまだまだ健在です。

今回は、自治体職員にオススメの雑誌・フリーペーパーをご紹介します。

続きを読む