くらし

資源を有効活用。各自治体の空き家対策まとめ

少子高齢化が進む日本では、空き家が増えることで近隣の環境への影響など問題がさらに多くなることが懸念されています。

そのため、各地方自治体では空き家問題に対し前向きに取り組んでいます。自治体により異なるさまざまな事例をまとめてみました。

これらの事例で空き家が活用される動きも見られているので、これからも空き家問題の改善に期待したいところです。

続きを読む

2018年は戌年。犬について考えてみよう(市報そお 平成30年1月号)

ペットと聞いて真っ先に思い浮かぶのはどんな動物ですか? おそらくほとんどの人は、身近な生き物である犬や猫を挙げるのではないでしょうか。

なかでも犬は、飼い主に忠実な性格や様々な種類があることから、昔からペットの代表格として人気を集めています。

とはいえ、犬を飼うには責任や負担も必要です。

今回は戌年にちなみ、犬とともに生活している方の話や犬を飼うための諸注意を「市報そお」の特集からご紹介します。
続きを読む

47都道府県の住宅リフォーム・介護リフォーム支援まとめ

住んでいるうちに改修工事で直さなければならない箇所がでてきた。両親と同居するための前提として、介護リフォームを検討せざるを得ない状況になった。

このように、家に関しては何かとお金がかかります。しかし、その出費の一部を都道府県の補助金等で賄える場合があります。

ここでは、全国47都道府県がそれぞれ実施する住宅リフォームや介護リフォーム支援事業についてまとめています。

続きを読む

総務省に聞く。ふるさと納税のこれまでとこれから(総務省広報誌 平成29年12月号)

みなさんは、ふるさと納税をしたことがありますか?

平成20年に始まったふるさと納税制度も、気が付けば来年で10年目。この間、各自治体のホームページやポスター、民間の総合サイト、マスコミの報道などにより、制度の存在自体は多くの人に認知されてきました。

とはいえ自治体同士の過剰な返礼品競争など、ややネガティブな部分がクローズアップされることもしばしばで、ふるさと納税という制度の本来の趣旨を誤解したり、疑問視する人が少なくないのも事実です。

今回ご紹介する総務省広報紙の特集記事では、ふるさと納税制度への関係者の想いや「さらなる活用」に向けた取り組みが紹介されています。新たなステージに入ったふるさと納税制度について、旗振り役である総務省の意気込みを見てみましょう。

続きを読む

熊本地震でいち早く復興を後押し。福岡市の“支援力”とは?(福岡県福岡市)

2016年4月14日夜に発生した熊本地震。九州地方での震度7は初めて。最高震度7が2回観測されたのも日本初だ。最多避難者は18万人、建物の災害は約20万棟にも及んだ。

福岡市では地震発生の翌15日に義援金の受け付けを、17日にはSNSを活用した支援物資の受け入れを開始し、19日には避難所支援を実施するために約100人の職員を派遣している。福岡市はなぜこんなにもスムーズに対応できたのか。

続きを読む

ダイバーシティについて考えよう(市報あまがさき 平成29年12月号)

世界中で人権の判断基準にされている、「世界人権宣言」をご存知でしょうか?

この宣言が国連で採択されたのは、昭和23年12月10日(人権デー)のことです。日本では人権デーを最終日とする一週間(12月4日〜10日)を「人権週間」として、全国でシンポジウムや講演会などのイベントを開催したり、マスコミを利用した啓発活動を行ったりしています。

今回ご紹介する「市報あまがさき」でも、人権週間に合わせた特集記事が組まれています。特集のテーマはダイバーシティ。それではさっそく見てみましょう。

続きを読む

全国初、認知症のための保険契約を市が負担(神奈川県大和市)

高齢化社会と言われて久しいですが、痛ましい事故のニュースは後を絶えません。中でも認知症の高齢者が徘徊中に踏切事故を起こしてしまい、遺族には莫大な賠償金が残されることが問題となっています。

そのような悲劇を生まないため、全国初、自治体が保険契約を負担するという取り組みが神奈川県大和市で始められました。

続きを読む

在宅医療という選択肢(広報なすしおばら 平成29年12月5日号)

「自分らしく生きる」と聞いて、みなさんはどんな生き方を想像しますか?

年代や価値観、住んでいる環境などによっていろいろな答えがあるでしょうが、社会の高齢化が進む最近では、住み慣れた自宅で人生を全うすることを挙げる人が特に増えているそうです。

というわけで、今回のテーマは在宅医療。「広報なすしおばら」の記事から、在宅医療や人生の終末期の過ごし方について考えてみましょう。

続きを読む