自治体をおもしろくするメディア 自治体クリップ

MENU

  1. 広報紙面インデックスだより(月刊広報12月号より)

広報紙面インデックスだより(月刊広報12月号より)

本日は、「広報紙面インデックスだより」です。
日本広報協会(http://www.koho.or.jp/ )さまが発行している月刊誌「月刊広報(http://www.koho.or.jp/publication/ )」に掲載中の人気コーナー「広報紙面インデックス」から、編集部独自の視点で幾つかの広報紙をピックアップしてご紹介します。

今回は、5つの広報紙をピックアップしました。

ヒカリのあたる森

「広報香美」平成29年10月号
http://machiiro.town/p/26385#page/2

機械化が進み、システマティックに洗練された現場が展開されている現在の林業。作業の効率化がコストダウンをもたらし、林業に活力を与えている。そうした現状と、森林組合が目指す未来の森について伝えるほか、木材が流通する仕組みを紹介する。※本文抜粋

長い年月をかけて育った木々を管理するための知恵と経験、さらに最新の重機を導入することで効率化を図り森林を管理することができています。

生活の身近にある森林。ですが林業について知っていることは非常に少ないと感じました。ぜひご覧ください。

里山に包まれて

「広報いながわ」平成29年10月号
http://machiiro.town/p/29647#page/5

里山の秘密と里山を取り巻く街の取り組みを紹介する。山林で伐採を行うための道を新しく造ったり、すでにある道を広げたりするなど里山を維持するための秘訣などを林業関係者に聞いたほか、ペレットストーブを取り上げ、ペレットの活用が里山再生につながることを紹介する。※本文抜粋

里山とは、人里近くにあり生活のために利用される山や森林を指すんだそうです。里山は、土砂崩れから守ってくれたり、獣との境界になってくれたりと生活に役立つことが多くあります。でもそのためにはきちんと手入れをして管理し守ることが必要です。

「広報いながわ」では、里山を守り維持するための取り組みが紹介されています。人にも環境にも優しい「地産地消」は一読の価値ありです。

今、描く まちのこれから

「広報小田原」平成29年10月号
http://machiiro.town/p/26611#page/4

これまでの合併の変遷や、今現在話し合っている南足柄市との合併の動きについて紹介。税収減など市の財政が抱える3つの問題や、合併で生活がどのように変わるのかなどについて解説。県西地域の発展について、加藤市長が有識者と対談した。※本文抜粋

市町村が合併を検討するとき、住民は不安を感じることがあるかと思います。「広報小田原」では、合併の裏事情から理由までオープンに示してあるので安心感が得られますね。

話し合いを進めている南足柄市の”4つのナンバー1”が紹介してあり、巡ってみたくなる内容です。

今回で広報いわくらは1100回

「広報いわくら」平成29年10月号
http://machiiro.town/p/26380#page/3

「1100」(い~わ)にちなみ、岩倉市PR大使のい~わくんをピックアップ。い~わくんの1日に密着し、岩倉市のために誇りを持って仕事をしている様子を伝える。フェイスブックやツイッターのほか、ぬりえのおたのしみも。※本文抜粋

みんなの人気者、い~わくん。かわいらしくマスコットみたいな見た目なのに、身長が180㎝もあるところにギャップ萌えです。

市民が「いい輪」「いい和」で結ばれるようにとの願いが込められてついた「い~わくん」という名前。日々の活動で多くの人を笑顔にしている彼ならきっと、その名のごとく人と人を結んでくれるでしょう。

大妻嵐山生が行く!!嵐山町ぶらり旅!!

「広報嵐山」平成29年10月号
http://machiiro.town/p/26891#page/2

大妻嵐山高等学校の7人の生徒と共同で特集を制作。生徒が決めたテーマは「嵐山町ぶらり旅」。7人の編集員が3班に分かれて内容を企画。それぞれが町内を巡り、本格フランスパンが食べられるパン屋さんや、農産物販売所、県立博物館などを取材。取材先の担当者の声を写真とともに紹介した。※本文抜粋

部活やテストの合間を縫って取材に臨んだ7名の高校生たち。とはいえ、記事は分かりやすくしっかりと伝わってきます。

取材先でインタビュー、食レポなど大人顔負けの出来栄えですよ。若い広報員が増えることはまちの活性化に繋がりますね。

振り返ればイロイロ

ご紹介した広報紙、いかがでしたか?

広報紙は住民向けに作成されているため、その土地ならではの話題を紹介していることが多いです。そのため住民の方にとっては当たり前のことが、他の地域の方にとっては新鮮な情報になりますね。

もしかしたら、ガイドブックよりコアな情報を知ることができるかもしれません。知らない土地の広報紙を見てみませんか。

月刊広報のお求めは、こちらからどうぞ!

 

広報紙をもっと身近に

マチイロは自治体が発行する広報紙をいつでもどこでも読めるアプリです。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!

 

あの街、この街の
“おもしろい”がここに

自治体のイロイロな情報を日々発信!
人気の広報紙やユニークなイベント、民間企業とのコラボレーションなど。
普段あまり目にすることがない情報を、一気に入手できます。
魅力ある街づくりのアイデアや、暮らしを楽しくするヒントが、きっと見つかります。

メルマガ会員募集中