広報紙面インデックスだより(月刊広報平成30年4月号より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、「広報紙面インデックスだより」です。
日本広報協会(http://www.koho.or.jp/ )さまが発行している月刊誌「月刊広報(http://www.koho.or.jp/publication/ )」に掲載中の人気コーナー「広報紙面インデックス」から、編集部独自の視点で幾つかの広報紙をピックアップしてご紹介します。

今回は、6つの広報紙をピックアップしました。

今日のごはんは子ども食堂で

市内に昨年オープンした「子ども食堂」を紹介。子どもの孤食の防止など子ども食堂が開設された背景、食材の差し入れや寄付など運営を支える地域への期待などを紹介するほか、その運営者に、子ども食堂を始めたきっかけなどを聞いた。※本文抜粋

食べること、人とつながることは成長過程にある子どもにとって特に大切です。ですが、ライフスタイルの多様性により寂しい食事を取らざるを得ない子どもが増えています。働く子育て世帯にとって、それは本意ではないはず。

そんな家庭に優しい「子ども食堂」。一人じゃない食事は、心にも身体にも栄養を運んでくれます。ここで過ごしてチャージしたら、また明日から元気いっぱいにすごせますね。

引用:「広報しき」平成29年2月号 http://machiiro.town/p/31226#page/2

モリヤマ・ジュニアリポーター

守山の魅力について、テーマの検討から取材(撮影)、原稿作成までを小学生が担当し、独自の目線で紹介するコーナー。2月号では「守山の自然」をテーマに、4人の小学生が市内の公園の動植物についてリポート。公園の管理者などにインタビューした。※本文抜粋

小学生が企画、取材から編集まで全ての工程に参加する「モリヤマジュニアリポーター」。普段なかなかできない体験ができたうえに、自分たちが住む守山のステキなところをたくさん発見したようです。

このような機会は、未来を担う子どもたちにとって良い刺激になったことでしょう。リポーターの想いをぜひ広報紙でご覧になってくださいね。

引用:「広報もりやま」平成30年2月1日号 http://machiiro.town/p/31276#page/6

食文化で世界をおもてなし

小松市の食文化をはじめとする地域資源が、農林水産省「SAVOR JAPAN」(農泊 食文化海外発信地域)に認定された。その概要と海外誘客に向けた今後の動き、茶道と九谷焼など海外の人にも喜ばれている食文化を紹介。※本文抜粋

急増する外国人観光客ですが、2020年の東京オリンピック・パラリンピック向けてより一層の増加が見込まれています。そして、外国の方が日本で期待することは「日本食を楽しむこと」とのこと。そんな声に応えるべく、農林水産省が創設したのが「SAVOR JAPAN(農泊 食文化海外発信地域)」です。小松市は石川県内で初めて認定されました。

外国人に向けた誘致を目的としていますが、日本に住んでいる日本人が見ても新たな発見が期待できます。日本の食文化を見直すいいチャンス。あなた自身が「歩くガイドブック」になってインバウンドの方々をおもてなししませんか?

引用:「広報こまつ」平成30年2月号 http://machiiro.town/p/30656#page/2

見つけよう!わたしの働くチカラ

それぞれのライフスタイルに合わせて自分らしい働き方を実現する女性たちのリアルな声を紹介する。働き方座談会では育児真っ最中の4人の女性が働くことへの悩みや不安を語り合ったほか、自分のライフスタイルに合わせて働く3人の女性に話を聞いた。※本文抜粋

ライフスタイルの多様化に合わせ、産後も働きたいという女性が増えています。昔と比べて女性が活躍する社会が当たり前になっていますが、それでも妊娠中に起こる身体の変化や出産は昔から変わりません。では女性の、「仕事も家庭も充実させたい」という想いを叶えるために何が必要なのでしょうか。

そこに必要なのは、家族や会社、社会の協力ですね。広報紙には子育てをスタートさせた女性のリアルな声が掲載されています。他人事と思わず、多くの世代の方々に読んでいただきたい内容です。ぜひご覧くださいね。

引用:「広報こおりやま」平成30年2月号 http://machiiro.town/p/30653#page/4

なくてはならないもの 自治会ってなんだろう?

町内には49の自治会があり、その加入率は79%と阪神間でトップクラス。各自治会の特徴や活動を自治会長が紹介するほか、自治会長連絡協議会の代表と町の担当課長が、自治会のメリットや課題などについて話し合った。※本文抜粋

自治会加入率の低下が言われる中、79%という高い率を誇る猪名川町。広報紙では、49ある自治会から6の自治会を紹介しています。なぜ自治会に入った方がいいのか。そもそも加入する必要があるのか。面倒だ。そう思う人が少なからずいらっしゃるようです。

もちろん任意なので、入らないという意思を伝えればそれでOKです。ですが、ネガティブな面ばかりでしょうか。多方面から検討したいですね。

今さら聞けない自治会のこと。広報紙を参考にしていただければと思います。

引用:「広報いながわ」平成30年2月号 http://machiiro.town/p/30709#page/2

700号までの道のり

昭和21年の「伊奈通信」創刊以来、村から町へ、新交通システムの開通、「広報いな」への名称変更など、町の歴史を記事とともに振り返る。また、同号からのリニューアルのポイントを広報担当者が紹介する。※本文抜粋

「伊奈通信」として産声をあげて72年。名称が「広報いな」に変わり、700号を迎えました。広報紙では、この長い歴史を年表でご紹介。

また、広報紙のリニューアルについても掲載されています。これからますます進化する「広報いな」が楽しみですね。

引用:「広報いな」平成30年2月号 http://machiiro.town/p/31791#page/2

まとめ

ご紹介した広報紙、いかがでしたか?

月に1~数回発行される広報紙。新発見できたり、ほほうと納得したり。

興味のある話題はありましたか?来月もお楽しみに。

月刊広報のお求めは、こちらからどうぞ!

 

広報紙をもっと身近に

マチイロは自治体が発行する広報紙をいつでもどこでも読めるアプリです。
地域の魅力的な情報をぜひご覧ください!