自治体のスキマを活用した広告媒体まとめ4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国的に自治体の財源不足が問題となっています。

そんな中、自治体のスキマを生かした広告サービスによって自主的に財源確保を行う自治体が増えてきました。

どのようなものが広告媒体として活用されているかご紹介します。

広報紙

自治体からのお知らせとして、初めに思い浮かぶものが広報紙ではないでしょうか。地域によって配布方法は異なりますが、原則、全世帯へ届けられるように制作・発行されています。

内容はイベント情報から注目の話題を取り上げた特集記事まで、老若男女を問わず幅広い層の方々に有益な情報がいっぱい。 その圧倒的な認知度や情報の網羅性から、効率よく地域の方々に訴求できる広告媒体として根強い人気を誇っています。

ホームページ

ゴミの出し方や各種の手続き方法など、ちょっとしたお困りごとを解決するときはホームページが役に立ちます。他にも週末のお出かけ情報や動画など、広報紙には載せきれない情報が日々更新されています。

そんな注目と信頼を集めるサイトの玄関口であるトップページにバナー広告を掲載できる自治体が増えています。導入コストも低く、費用対効果も期待される媒体の一つです。

窓口カウンター

住民票の取得で役所に訪れたとき、必ず5分ほどの待ち時間があります。そんなスキマの時間とスペースに目をつけたのが、こちらの窓口カウンター広告です。

役所庁舎の中にひと際大きなポスターを掲載することで、地域を代表した企業としてのブランディングだけでなく、効果的な反響も期待されています。

給与明細

最後に、ちょっと珍しいのがこちら。自治体職員が受け取る給与明細です。最近ではこの裏面に広告を掲載する自治体が増えてきました。

というのも公務員の皆さんは収入が安定していることから、住宅ローンや金融関係の企業に大人気とのこと。 TBSの人気番組「がっちりマンデー!!」でも「儲かるスキマビジネス」として紹介されていました。

儲かるスキマビジネス – TBS「がっちりマンデー!!」

まとめ

いかがでしたか?今回は自治体のスキマを活用した広告媒体についてご紹介しました。

自治体は新たな財源を、企業は広告効果と地域貢献によるブランディングを得ることができる、まさにwin-winの取り組みですね。是非お住まいの地域でも参考にしてみてください。

 

なお、弊社では創業以来「自治体の財源確保を支援する総合サービス会社」として全国で実績を積み重ねてまいりました。ご興味お持ちいただいた方は下記ページよりお問い合わせくださいませ。

「広告事業をやりたいが方法が分からない」「既に実施しているがなかなか売れない」など、広告事業をご検討中の自治体の方はこちら

「どのような効果があるのか」「金額が知りたい」など、広告掲載にお悩みの企業の方はこちら