「母がつくるまちだから」町田市の魅力を“お母さん目線で”伝えるブランドブックを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

町田市は、「まちだシティプロモーション」の一環として、未就学児を持つお母さんをコアターゲットとした、“子育てしたくなる街・町田”を市内外に発信する小冊子「まちだ子育てブランドブックvol.2」を制作し、11月20日(月)から配布を開始しました。

東京都で1番子どもが引っ越してきた街

町田市は、2014年から「市民が愛着を持って住み続けたいまち」「市外の人が何度でも訪れたいまち、住んでみたいまち」を目指してシティプロモーションを展開。昨年度からは子育て世代への情報発信を重点施策に設定しており、「まちだ子育てブランドブック」は今回が第2弾となります。

さらに今年1月の総務省発表による「住民基本台帳人口移動報告」にて、町田市は子ども(0~14歳)の転入超過数が東京都内で最も多い結果となりました。ブランドブック「母がつくるまちだから」では、その魅力が“お母さん目線で”紹介されています。

主な内容

働くお母さんインタビュー

町田市で暮らし、働きながら子育てをしているお母さんのインタビュー記事。幼児教室講師、イラストレーター、陶芸家など、様々な職業のお母さんたちが子どもの成長に寄り添いながら、自分らしく働いている様子が語られています。日々の暮らしのエピソードを通じて、町田市で子育てすることの魅力が伝わってきます。

はじめての、町田子育て物語

町田市の日々の子育てに役立つさまざまな取り組みの紹介記事。待機児童対策・保育サービス・スポットなどのサポート情報がひと目で分かるよう漫画を交えて紹介されています。

町田のお母さん180人に聞いた「子育てと食」

食の専門家が町田市内のお母さんたち180人のアンケートで寄せられた「子育て中の食の悩みや質問」へアドバイスするコーナー。小学校給食の栄養士に聞く「子どもの食わず嫌いの悩み」、野菜ソムリエに聞く「子どもが野菜好きになる方法」、パン屋に聞く「食べる楽しさの伝え方」など、成長期の子どもをもつお母さん達にとって必見のコンテンツです。

親子で遊ぶ町田おすすめコース

子育てをしているお母さんならではの視点で選んだ、町田市のおすすめコースを全6コース紹介しています。ベビーカーでも移動しやすい平らな公園や、子連れでも入りやすい飲食店など、実用性の高さにこだわりを感じます。散歩や、サイクリング、カフェなどテーマに合わせた移動手段、タイムスケジュールもひと目で分かるのがいいですね。

配布方法

発行部数は15,000部。以下の2通りで配布されています。

①町田市周辺エリア(市外)の幼稚園・保育園での配布
②町田市の子どもセンター(6ヶ所)に設置

また、市外の方にもご覧いただけるよう電子ブックでも公開されています。

町田市ホームページ
http://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/city_promotion/machidacp/m_bb.html

TAMA ebooks(たまイーブックス)
https://www.tama-ebooks.jp/book/まちだ子育てブランドブック-vol-2/

マチイロ
https://machiiro.town
iPhone版アプリをお持ちの方は、こちらから直接ダウンロードできます。

母がつくるまち

いかがでしたか?自治体によるブランドブックとして、非常に親しみやすく魅力的な一冊ですよね。

子育てに注力している自治体は全国にもたくさんあります。各地域の取り組みを紹介する方法の一つとして、やはりデザインの力というのは大きいなと思いました。