自治体をおもしろくするメディア 自治体クリップ

MENU

  1. 導入費、ランニングコストすべて無料! マチの子育てアプリ「マチカゴ」(東京都多摩…

導入費、ランニングコストすべて無料! マチの子育てアプリ「マチカゴ」(東京都多摩市)

アプリの企画から運用まで、自治体に発生する費用はゼロ。多摩市は株式会社ホープが平成30年6月末よりサービス運用を開始した、マチの子育てアプリ「マチカゴ」の導入第1号自治体だ。

もともと多摩市の子育て支援課は子育てをサポートするアプリの導入を検討していた。複数の事業者に話を聞いたところ、サービスの利用はすべて有料だったという。開発に1千万円、年間利用料に500万円前後かかるものもあり、導入にあたりコスト面での課題があると感じていた。

そこで無料の広報紙配信アプリ「マチイロ」にて750自治体の導入・運用実績を持つホープが新たに開発した、無料の子育てアプリ「マチカゴ」の採用を決めた。

「平成28(2016)年に計画し、平成30(2018)年6月に運用開始しました。無料というメリットを活かし、速やかな庁内の意思決定ができました」と多摩市子育て支援課の水野誠さんは話す。

導入まで最短2週間!面倒な手間なく情報発信

無料で利用できる理由は、イベントの配信方法にある。子ども向けイベントは、自治体が運営するものの他に民間企業が主催するものも掲載される。この「イベント掲載費」で運営費用をまかなっているのだ。

アプリ上で広告とわかるような目立たせ方はせず、市民は公平にイベントを探せる仕組みだ。民間企業の情報入力と個人情報の管理はホープが担当し、自治体の手間は軽く済む。

マチカゴでは、自治体から子育て世代へ向けて「子どもが参加できるイベント」「予防接種」「手続き」「健診」「相談窓口」などの情報を配信している。リリース開始からわずか2カ月で多摩市の年間出生数の1/4にあたる274人の登録を完了した。

魅力は他にもある。これまで、自治体が発信する情報は市民が自ら情報を見つけ、入手する必要があった。「自分の子どもに必要な情報が見つけにくく、市民に届けたい情報が届いていなかったのではないかと思います」と水野さん。

アプリでは妊娠周期や子どもの年齢に合わせ、健診や予防接種の情報が配信され、いつでも見られる。予防接種を受けたらそれぞれの欄にチェックし、次の受診日を確認できるのだ。

また配信されたイベントはすべてマイカレンダーに入力できるのも利便性が高い。カレンダーはアプリ間で共有でき、イベントに夫婦で参加するなど子育ての助け合いもしやすくなっている。

市民が情報登録することでアクションにつながり、地域活性化に発展する。そしてこれらの機能を、自治体も市民も無料で利用できるのだ。

情報発信の回数が決め手簡易なフォーマットですぐ入力

今後マチカゴを浸透させるには情報の新鮮度が求められる。「パソコンの操作が苦手な職員でも発信しやすい」「他の課とも協力し、情報量を増やしていきたい」と水野さんは話す。

教育の分野とも連携することでアプリの効果を上げ活性化につながることを期待しているという。今後は入力できる職員を増やすことを検討し、発信回数のアップを狙う。

How To

1.インターネット環境のあるPCを1台用意

入力はwebページにログインして記入する。特別なソフトや機器は不要。1自治体に1アカウントの登録となる。個人情報や一般企業の情報はホープが管理するため、自治体が入力するのは市が配信する子育て支援情報のみ。

2.協定書はメール1本

導入の意向が決定したら、協定書の署名を書き換え事務局に返信。事務局で内容を確認のうえ印刷・製本した協定書が2部郵送されるので、押印し返送すれば事務手続きは完了。

3.イベントなどの子育て支援情報を登録する

協定締結後にアカウントが発行されたら専用管理画面にログインし、フォーマットに沿って入力する。市役所本庁舎や子育て支援センターなど、イベントでよく利用する施設については最大20件まで登録可能。一度登録すれば以降の入力の手間が省ける。

4.アプリで配信開始

自治体が情報を登録したら、設定した公開日から、アプリ上で子育て情報の配信を開始。公開日は各自治体で決めることができ、導入から最短で2週間ほどで配信ができる。

5.各媒体でPRする

プレスリリースの実施、広報紙や市のHPへ記載、窓口での案内などで地域の子育て世代へ広く周知。また企業にも知ってもらうことで、イベント掲載費の収集につながる。

Result

〇コストゼロで子育て支援対策が打てた
〇リリースから2カ月で274人の登録を完了
〇届けたい情報をダイレクトに配信できる

自治体担当者より

「スマートフォンの普及と共に早急に求められていた子育て情報アプリが、運用申し込みから配信開始までわずか2週間で導入できました。しかも無料。子育てしやすいまちづくりにもつながったと思いますし、今後はマチカゴを多摩市の魅力発信のツールとして活用する予定です。」

多摩市子育て支援課・水野誠さん

 

マチカゴに関するお問合せ

株式会社ホープ 担当:芳賀(はが)
公式HP:https://machikago.town/
電話:092-716-1480(直通)
メール:info@machikago.town

あの街、この街の
“おもしろい”がここに

自治体のイロイロな情報を日々発信!
人気の広報紙やユニークなイベント、民間企業とのコラボレーションなど。
普段あまり目にすることがない情報を、一気に入手できます。
魅力ある街づくりのアイデアや、暮らしを楽しくするヒントが、きっと見つかります。

メルマガ会員募集中