企業と自治体が共同で、小学生向けプログラミング教室を初開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ産業の振興を積極的に進めている松戸市は、ゲーム大手の“株式会社Cygames”、プログラミング教育事業の“株式会社CA Tech Kids”と共同で、小学生向けの無料プログラミング教室「”Cygames presents” Tech Kids CAMP in MATSUDO Vol.01」を初めて開催します。

コンテンツ産業の振興に力を入れている松戸市では、2018年5月26日(土)・27日(日)の2日間、「“Cygames presents”Tech Kids CAMP in MATSUDO Vol.01」と題した、無料のプログラミング教室(ワークショップ)を初めて開催します。

この取り組みは、「グランブルーファンタジー」や「神撃のバハムート」などのゲームを手掛け、ゲームの企画・開発・運営事業を行う株式会社Cygames(以下サイゲームス、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊耕一氏)と、ゲームやアプリ開発など、デジタルのモノづくりを楽しく学ぶTech Kids Schoolを運営する、小学生向けプログラミング教育事業の株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大氏)と千葉県松戸市の三者が連携して、共同で開催するものです。

「松戸コンテンツ事業者連絡協議会」の活動などを通じてコンテンツ産業の振興に積極的に取り組む松戸市の考えにサイゲームスとCA Tech Kidsが賛同してくれたこと、そして、サイゲームスの代表取締役社長・渡邊氏がかつて松戸市内に在住していたというご縁もあり、この取り組みが実現しました。

今回は、松戸市内の小学校4年生~6年生を対象に、プログラミング学習ソフト「Scratch(スクラッチ)」を用いた簡単なゲーム開発を2日間にわたって体験してもらいます。ゲーム開発には、サイゲームスが実際のゲームで使用しているイラスト素材が提供され、本格的な素材を使って、お子さんたちにプログラミングの楽しさや可能性を感じてもらうことを目的としています。

2020年度からの小学校プログラミング教育必修化に先駆けた、企業と自治体の連携による取り組みとなります。今回のVol.01を第1回として、今後1年間、6回にわたって松戸市内で実施していくことを予定しています。

 

サイゲームス プレゼンツ テック キッズ キャンプ イン マツド
“Cygames Presents” Tech Kids CAMP in MATSUDO Vol.01
開催概要
※大変ご好評をいただき、定員に達したため参加申し込み受付は終了しました。
【日 時】5月26日(土)・27日(日)各10時~16時 ※両日参加必須
【会 場】松戸観光案内所2階(松戸市本町7-3、松戸駅西口から徒歩3分、市民劇場の手前)
【共 催】株式会社Cygames、株式会社CA Tech Kids、千葉県松戸市
【協 力】松戸コンテンツ事業者連絡協議会
【内容とスケジュール】
・5月26日(1日目)
午前中/プログラミングを学ぼう①
「繰り返し」や「条件分岐」などの基礎を学びます
午 後/プログラミングを学ぼう②
「乱数」や「変数」など少し難しいことまで学びます
・5月27日(2日目)
午前中/オリジナルゲームを開発しよう
1日目に学んだ知識を活かして、自分だけのゲームを開発します
午 後/プレゼンテーションをしよう
他の参加者や保護者様の前で、自分の作品を発表します
【講 師】CA Tech Kidsスタッフ
【ゲスト】株式会社Cygames 業務部 部長 星野 健一氏
【対象者】マウス操作ができる、松戸市内在住の小学校4年生~6年生
【定員】先着20名(定員に達したため申し込み受付は終了しました。)
【参加費】無料

【本件に関するお問い合わせ先】
松戸市 文化観光国際課
電話/047-366-7327

 

プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ