RESAS(リーサス)とは?地域活性化のための新たなツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内閣官房まち・ひと・しごと創生本部は2015年4月、自治体を支援し地方創生を促進するための情報を提供することを目的に地域経済分析システム(RESAS:リーサス)をリリースしました。

ここでは、RESASの概要とその利用について実例を踏まえて紹介します。

【出展:地域経済分析システム(RESAS) https://resas.go.jp/ 】

地域経済分析システム『RESAS(リーサス)』で何ができる?

RESASとは地方創生を行うための手助けとなる、さまざまなデータを提供するためのシステムになります。その最大の特徴はデータを図やグラフ、ヒートマップなどを利用して視覚化することにより地域の産業や観光、人口などの状況をわかりやすく示しているという点です。

RESASでは複数の地域を比較することができるため、特定の地域における問題点や特色を知るための手掛かりにもなります。これらのデータや情報をもとに自治体では地域を活性化させるための政策や施策を検討、立案、さらには検証することができるでしょう。

また今まで経験や勘に頼ってきた地方創生のための施策を客観的データにもとづいた分析による施策へと変化させることが見込まれています。さらに企業では課題や問題点を発見、解決することにより事業の改善に役立てることができるでしょう。

誰でも使えるオンラインシステム

RESASは地方創生を目的とした情報ツールですが、そのシステムは自治体にとどまらず広く企業や一般に向けて公開されています。

企業間の取引データなど機密性の高い情報に関しては、国や自治体の職員などに利用が限られていますが、そのほかの膨大なデータは誰でも閲覧することが可能です。そのため、地域の活性化をはかる自治体職員だけでなく地場産業で伸び悩んでいる一般企業における課題発見、地方での起業を目論んでいる人などにもおすすめといえます。

また中学、高校、大学などでも授業の一環としてRESASを利用した地域の実態調査や政策アイディアの立案を行っています。まち・ひと・しごと創生本部ではワークショップやフォーラムなどを開催しさらなる利用の拡大をはかっています。

RESASを使った自治体や企業の活動例

RESASはすでに多くの自治体や企業により活用されています。

例えば北海道帯広市では地域の観光産業を活性化させるために地域の滞在人口や流動人口のデータから「観光客がどこから集まっているか」「どの観光施設に集客能力があるのか」を分析しました。そして、その結果をもとに現在の課題を認識するとともに今後の施策を講じています。

【経済産業省】case.2 北海道帯広市
http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160421002/20160421002-4.pdf

ある地方金融機関では中核産業の調査、その産業における収益性や課題を分析し、それらに携わる企業へ利益向上のための提案を行っています。またある旅行会社では自社のシステムの中にRESASへのリンクを設けることで利用者に人気の観光スポットなどの情報を提供しています。

【まち・ひと・しごと創生本部】地域経済分析システム(RESAS)の最新情報
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/pdf/h29-07-12-newinfo.pdf

このようにRESASは自治体や企業の目的によりさまざまな形の活用が可能です。

こんなに簡単!RESASの基本操作

RESASを利用するにはまず、ウェブブラウザで(https://resas.go.jp/ )にアクセスします。

トップ画面が表示されたら画面左上のメインメニューをクリックしましょう。人口、産業、観光などの大項目、続いてそれに該当する中項目を選択するとマップと右メニューの画面に切り替わります。右メニューではマップの表示レベルを全国から市町村の単位まで切り替えたり、表示年を指定したりグラフを表示することが可能です。

また右メニューの下部に「データをダウンロード」というボタンが表示されている場合はCVS形式でデータをダウンロードすることもできます。表計算ソフトによるデータの加工にも対応可能です。

各選択項目はマウスオンで説明が表示されるので、とりあえず触ってみることから始めてみてもいいでしょう。

【RESAS】一般用 地域経済分析システム 基本操作マニュアル
https://resas.go.jp/api/v1/download/manual-basic

RESASをマスターするためのオンライン講座

RESASのデータを最大限に活用するためには基本操作はもちろんのこと、その応用方法などを的確に学ぶ必要があります。そこで、まち・ひと・しごと創生本部ではオンライン講座を開講したり情報交換のためのコミュニティを設けています。

オンライン講座の受講には会員登録が必要で基礎編と応用編を受講しテストの正答率などの条件を満たすと修了証が発行されます。応用編ではシナリオをもとにRESASをつかった分析を疑似体験したり、データ分析手法も数多く紹介しているため、より実践的にRESASの使い方を学べるでしょう。

ほかにも政策アイディアコンテストやRESASアプリコンテストなどが開催され、応募作品に関する情報を共有しているため、RESAS活用のケーススタディに役立ててみてください。