自治体営業のノウハウが学べるWEBメディア │ 自治体クリップ

MENU

  1. 民間営業と自治体営業の違いとは?

民間営業と自治体営業の違いとは?

自治体営業を担当する中で、民間との違いに戸惑いを感じている皆さん。この違いを知らないまま営業活動に取り組んでいると、思うように成果が上がらないこともあるかもしれません。そこで今回は「民間営業と自治体営業の違いとは?」と題して、元自治体職員の種子田から、自治体の特徴や自治体営業のポイントについて、分かりやすくお伝えします。

この記事を書いた人

株式会社ジチタイワークス ビジネス開発課 課長 種子田 宗希

約10年間、宮崎県小林市役所にて勤務。農業、観光、企画等、官民連携業務に従事。その後、株式会社ホープ入社。広告営業、自治体営業、新規事業開発等に従事し、現在は株式会社ジチタイワークスにて、官と民のマッチング支援を行っている。

本記事のゴール

自治体・自治体職員の組織風土や考え方を理解し、営業に活かしていく

「自治体とお仕事する」となりますと、自治体(官)の生態系、そこで働く人々の思考法を知っておく必要があると思います。民間企業と違い、官は利益の追求が主目的ではないので、その辺りを含めたお話をさせていただきます。また、我々の契約実績として、約1100の自治体様とお取引があるので、そこで培った知見もお話させていただけるかなと思います。

目次

  • 官民の違いから捉える自治体の特徴
  • 自治体職員の思考の特徴
  • 自治体ビジネスのメリット
  • 自治体の特徴を押さえた「自治体営業の基本」

官民の違いから捉える自治体の特徴

自治体の「官」と我々の民間企業の「民」の違いから、官の特徴を5つ挙げ・・・

本記事は登録後、閲覧することが可能です。下記よりご登録ください。

お問い合わせ

株式会社ジチタイワークス
中山(なかやま)
Tel:092-716-1480
Email:btog@zaigenkakuho.com

「自治体クリップ」とは?

自治体クリップとは、グループ会社で15年以上自治体関連事業に特化してきた知見を活かし、
企業の課題解決をサポートするwebサイトです。

自治体営業には”コツ”があります。

これまで培ってきたノウハウとネットワークを活用し、
自治体と企業のさらなる連携に貢献したいと考えております。

メルマガ会員募集中