自治体をおもしろくするメディア 自治体クリップ

MENU

  1. 現地密着&企業間の連携で 韓国からの観光客誘致を実現!

現地密着&企業間の連携で 韓国からの観光客誘致を実現!

訪日観光客数が第2位の韓国。インバウンドの中では外せないターゲットですが、各自治体はそのニーズをうまく掴みきれていないようです。

問題点は何か、韓国に特化したプロモーションを行なっているベクトルコリアの権益主 さんに話を聞きました。

※下記はジチタイワークス観光・インバウンド号(2019年5月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。
 [提供]Vector KOREA, Inc

韓国インバウンド市場の現在

ここ数年、韓国からの訪日観光客数は2番目に多く( ※) 、1位の中国とも拮抗しています。彼らの動きについて権さんはこう分析。

「韓国の観光客はコスパ重視・近場重視の傾向が強く、日本は格好の訪問先。この流れは今後も続き、数字も増えていく見込みです。そこで各自治体も韓国インバウンドの取り込みを目指し動いていますが、専門家の側から見ると『?』と思えるようなものも少なくない、というのが現実です」。(※2019年訪日外客数総数・日本政府観光局(JNTO)調べ)

そのプロモーションは正解なのか?

専門家の疑問とは何か、権さんは語ります。「韓国のメディア事情は日本と異なり、特に旅行系は検索からの閲覧が多いため、一般的な記事は見られる可能性が低いんです。ある自治体は、旅行系メディアに特集記事を掲載しましたが、記事露出のみの施策だったため効果は得られませんでした。また、別の団体では割引プロモーションを実施しましたが、割引率のインパクトが弱く、成果を上げられませんでした。ニーズを前提としないプロモーションは、一方的なラブコールでしかありません」。

訴求先を充分理解していれば、ツールを問わず喜ばれるおもてなしをすることが可能。ベクトルコリアは数々の経験をもとに韓国人観光客の招致を実現しています。

実績の一部

愛知県:アジア大商談会開催事業(FAMツアー)

韓国、タイを対象国として、メディアの招請による愛知県FAMツアーを実施。旅行専門誌及び韓国トップクラスの旅行専門インフルエンサーを招き、4泊5日の日程で愛知県の観光スポットを韓国市場に拡散。

JNTO(日本政府観光局):韓国市場における訪日プロモーション事業

2015年から現在に至るまでJNTOの韓国市場での訪日プロモーションを請け負っており、TVCM、旅行会社や航空会社とのタイアップ、SNSやウェブ管理、バイラル活動など様々な分野でプロモーションを実施中。

九州運輸局:韓国におけるFIT訪日リピーター客による九州滞在型観光促進のための招請及び情報発信事業

九州地域への韓国からのFIT促進のため、韓国の地上波TV、大手新聞、雑誌、ウェブの各メディアを招請した取材及び露出を実施。全てのメディアで成果を獲得。

自治体の声

由布市商工観光課から

従来はツアー客が多かったアジア圏ですが、最近はFITの観光客も多くみられるようになりました。湯布院の歴史や文化をゆっくり見て回ることで、より魅力を感じられる場所だということが分かっていただけたと実感しています。

由布市商工観光課
(左)主任 興梠太希さん
(右)主事 丸尾亜莉沙さん

訪日プロモーションのノウハウを提供します

どんなに優れた素材を持っていても、情報不足のもと、曖昧なフィーリングで組み立てられた企画は大抵失敗に終わります。大切なのは、相手を取り込むための豊富なデータと経験に裏打ちされたロジックです。

ベクトルコリアは、韓国に拠点を持ち、全旅行会社・全航空会社ともネットワークを構築している、韓国に特化した総合マーケティングカンパニー。ご相談は「韓国人旅行客を呼び込みたい」といった目的だけでもOKです。具体的な内容は私たちが構築し、企画の成功に向けてお手伝いいたします。

ベクトルコリア
代表取締役 権 益主さん

お問い合わせ

〒107-0052 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
URL:http://www.vectorinc.co.kr/
メール:seoul@vectorinc.co.kr

あの街、この街の
“おもしろい”がここに

自治体のイロイロな情報を日々発信!
人気の広報紙やユニークなイベント、民間企業とのコラボレーションなど。
普段あまり目にすることがない情報を、一気に入手できます。
魅力ある街づくりのアイデアや、暮らしを楽しくするヒントが、きっと見つかります。

メルマガ会員募集中