自治体をおもしろくするメディア 自治体クリップ

MENU

  1. 地方を活性化するには?活気あふれる地域づくりの取り組み

地方を活性化するには?活気あふれる地域づくりの取り組み

地方に住んでいて、住んでいる地域が閑散としていると感じたことがある人も多いでしょう。

地方によっては過疎化が進んでいるなど、抱えている課題もさまざまです。この記事では、地方を活性化する取り組みについて具体的に解説していきます。

過疎化が深刻… 地方が抱える課題とは?

地方が抱えている深刻な課題である過疎化については、メディアなどでも広く報じられています。まず、都市圏への人口流出は、地方が早急に取りかかるべき課題のひとつといえるでしょう。都市圏へ人口が流出していくことによって、地方では人口減少による過疎化が起こっているのです。

次に、地方には雇用がないという点も、過疎化を招く要因のひとつといえます。地方の場合、雇用があったとしても給与が安いということはよくあるため、地方に留まる人が減少しているという背景があるのです。地方から新たなものを生み出していくためには、若い世代を地方に留まらせ、地方で才能や能力を育てていく必要があります。

また、若い世代がいないという点も、地方が抱えている課題のひとつです。地方には若い世代がおらず、高齢化が進んでいるという点は、多くの地方に共通した悩みといえるでしょう。

地方に若い人がいつかないのはなぜ?

若い人の中には、「地方には職がない」という認識が強くあります。実際に、地方によっては雇用が少ないケースもあるのです。

また、地方の場合、正社員になったとしても給与が安いということはよくあります。例えば、子どもを抱えているファミリー世帯の場合、雇用が少なく、給与が安いと聞いただけで、地方で生活することをためらうという人も多いでしょう。地方でいくら物価が安いとはいっても、家計を維持していくのが大変だと感じてしまう若い世帯は少なくありません。

ファミリー世帯が家計を維持するためには、ある程度の水準の給与が保証されていることは必須条件といえます。加えて、教育環境などが充実している都市圏の方が子育てしやすく、理想的と考えるファミリー世帯が多いことも、地方に若者がいつかないことの原因です。地方に若い人を留まらせるためには、地方の雇用問題を改善したり、教育環境を整えたりすることに対して、積極的に取り組んでいくことが大切といえるでしょう。

地方を活性化させるには若い世代がカギ

地方を活性化させることを目標としているならば、若い世代がカギとなることはいうまでもありません。若い世代が「ここに住みたい」と思えるような環境を、地方は整えていく必要があるでしょう。

まず、若い世代が働きやすいと感じる環境や雇用づくりを、地方が進めていくことは欠かせません。若い人の流れを都市圏から地方へと向けさせるために、例えば、都会から離れた場所にオフィスを分散させたり、自由度の高いテレワークを推奨したりするなどの施策は、ある程度の地方活性化につながるといえるでしょう。

次に、若い世代の感性を受け入れる柔軟な姿勢が地方には求められます。若い世代のアイディアを頭ごなしに否定するのではなく、町づくりの一環として活かせるものは取り入れてみる姿勢を示すことが重要です。若者のアイディアやイベントなどが地方活性化の起爆剤になるということは事例としてさまざまな地方で見られるため、若者の力を活かすことができる場を、地方としても用意しておく姿勢が欠かせません。

さらに、昔からその地方に住んでいる高齢者が、外から入ってきた若い世代をどのように受け入れるかという点も、地方を活性化させるためのポイントとして挙げられます。高齢者の中には、若者に対してあまり良いイメージを持っていないという人もいるでしょう。

しかし、若い世代が地方に移り住んでくるということは、高齢者にとっても、また若い世代にとってもメリットがあるのです。普段触れ合うことができない世代の者同士が同じ地域に暮らすことで、お互い新たな気付きが得られることはよくあります。

地方に若い世代が増えていくことで地方活性化を実現したいなら、まずは若い世代を受け入れる姿勢を持つことが重要です。

 

 

あの街、この街の
“おもしろい”がここに

自治体のイロイロな情報を日々発信!
人気の広報紙やユニークなイベント、民間企業とのコラボレーションなど。
普段あまり目にすることがない情報を、一気に入手できます。
魅力ある街づくりのアイデアや、暮らしを楽しくするヒントが、きっと見つかります。

メルマガ会員募集中