自治体をおもしろくするメディア 自治体クリップ

MENU

  1. 情報収集~自治体の基礎の基礎編~

情報収集~自治体の基礎の基礎編~

こんにちは。
ジチタイワークス事業部の中山です。

突然「明日から自治体へ営業してもらう」と言われたら、まず何からしますか?
そもそも自治体って?どこに提案すればいいの?見よう見まねで始めてみたけど上手くいかない…
未知な分野に飛び込んだと思う方もいるのではないでしょうか。

私は、入社2カ月で「明日から自治体営業担当やってね」と辞令を受け、異動後は、新規営業や企画・提案、
入札など、4年間で約100自治体と300件以上の仕事をしてきました。

これから自治体営業を始める方や自治体実績を増やしていこうと考えている方に向けて、私の経験を基に少しでも参考になる情報を発信できればと思います。

自治体営業の基礎の基礎「情報収集」

自治体ビジネスはBtoBと違い、自治体ならではの仕組みを理解しなければうまくいきません。
実際に、私が初めて自治体に訪れた際「子育て支援課」と「健康課」の違いが分からず、担当課の方に説明している途中で違う部署だと分かり、後日改めて担当課へアポイントを取り直し、訪問したことがありました。

そこで今回は、私が情報取集の際に使っていたツールを3つ紹介します。

情報収集に使える3つのポイント ~自治体の基礎の基礎編~

Point1 『コラム』を読む

自治体ビジネスを熟知した方が書くコラムを読むことです。
実際に自治体営業を経験したことを基に書かれているので仕組みだけでなく、実践にも活かせます。

中でもおすすめなのは、株式会社LGブレイクスルーの古田氏の連載コラムです。

  • 自治体の予算について
  • 自治体職員の役職について
  • 自治体ビジネスをする上でのおすすめ本紹介 など

はじめて自治体ビジネスに参入する方向けに書かれています。
自治体クリップでも連載いただいてるので、こちらからご確認ください。

Point2 『ニュース』から知識を得る

実際に自治体とビジネスをしている企業はどんなサービスを展開しているのか知ることです。
他社の動きを把握できるだけでなく、官民連携がどの部分で成立しているのかを知ることで必然的に自治体の仕組みを少しずつ理解できるようになります。

私の場合、Googleアラートの機能を使い、「自治体 導入」「自治体 企業」等の官民連携関連のニュースが拾える検索ワードを設定して、自動的に情報収集していました。

Point3 『セミナー』に参加する

自治体をテーマにセミナーを開催している企業があるので参加してみましょう。
この場合、自治体の仕組みを理解できるだけでなく、実際にセミナー登壇者へ自社の抱えている課題や悩みを質問ができるのもポイントです。

なお、弊社でも元自治体職員による無料オンラインセミナーを開催中です。

今回は、自治体営業のまず一歩「情報収集~自治体の基礎の基礎編~」をご紹介しました。
ぜひ、今日から活用してみてください。

次回から、新規営業編として、アポイント取得のコツや1日のスケジュールなど、お話できればと思います。
コラム配信のお知らせやセミナー案内などを自治体クリップメルマガにて配信中です。
こちらの登録画面からご登録ください。

このコラムを書いた人
株式会社ホープ ジチタイワークス事業部 中山 有希
2017年入社後、メディアクリエーション部(現・地方協創事業部)にて、自治体が発行する情報冊子協働発行の新規営業を担当。プロポーサルによる企画・提案も経験。2019年には中部エリアを中心に情報冊子の営業・企画・提案をしながら、広報紙・WEBページなどの広告事業の入札担当も並行して担う。
その後、2021年にジチタイワークス事業部に異動。自治体向けプロモーションサービスの営業にて、マーケティングを担当している。

お探しの情報はみつかりましたか?

お問い合わせはこちらから
より良い情報を提供するため、皆さまからのご意見・ご要望を募集しております。

お問い合わせ