自治体をおもしろくするメディア 自治体クリップ

MENU

  1. 自分の地域は何位?都道府県の魅力度ランキング

自分の地域は何位?都道府県の魅力度ランキング

自分が住んでいる都道府県の魅力はどれくらいなのか気になる、人気のある都道府県はどこなのか知りたい、そんな疑問にこたえてくれるのが株式会社ブランド総合研究所が行っている都道府県の魅力度ランキングです。

自分が生まれ育った場所が人気だとちょっとうれしいですよね。2017年の結果をみていきましょう。

地域ブランド調査2017!魅力度47都道府県ランキングを紹介

株式会社ブランド総合研究所は国内1000の市区町村を含む47都道府県を対象とした「地域ブランド調査2017」をインターネット上で実施し、全国の3万745人からの回答をもとに、都道府県の認知度や魅力、イメージなど78の項目にたいする結果からランキングを作成しました。

最も魅力があるとされた都道府県は北海道です。北海道は地域ブランド調査がはじまった2009年から9年連続して魅力度で1位を獲得しています。旅行など観光で訪れたい、特産品を購入したいという意欲があると回答した人が多いことが北海道の人気の理由としてあげられます。これらの項目が全都道府県で1位を獲得しているだけでなく、北海道に住んでみたいと考える人も全都道府県中3位という結果がでています。

ランキング2位は京都、3位は東京、4位は沖縄、5位は神奈川でした。上位5位までにランキングされた都道府県は常に調査では魅力ランキングで上位を占めており、2017年度の調査においては、5位までに入っている都道府県はさらにその魅力度が継続して上昇している傾向にあります。

残念… !ワーストワンの都道府県は?

魅力度ランキングで上位の都道府県もあれば、残念ながらその魅力がまだ十分に伝わっていない都道府県もあります。ワースト5位までの都道府県のランキングを紹介します。

47位は茨城県、46位は徳島県、45位は佐賀県、44位は埼玉県、43位は栃木県という結果でした。これらのワースト5位までの都道府県は、それぞれの県すべてにおいて少しずつ魅力度が増加している傾向がみられるのですが、増加率としてはそれほど大きくありません。

また、茨城は5年の間連続して全都道府県で最下位となっています。43位の栃木県がやや人気を回復している傾向がありますが、ワースト5位の順位に大きな変動はそれほどみられませんでした。注目したいのは、ワースト5位の中に3位の人気結果がでている東京に地理的に近い北関東の3県がランクインしていることです。

人気の都市は貫禄の京都市!北海道勢が追う結果に

都道府県の人気だけでなく「地域ブランド調査2017」では1000の市町村を対象に市町村別の人気ランキングも紹介しています。市町村で最も魅力的とされ、1位を獲得したのは京都市です。

京都市は2013年にも魅力度で1位を獲得しています。京都市の魅力はどこにあるのかを調査結果から分析すると、寺院や神社など歴史的な文化財が数多くあるだけでなく、古都として育まれた独自の文化があることなどがあげられます。京都市ならではの独自性に魅力を感じる人が多いようです。京都市の認知度は調査対象の市町村のなかで1位、情報の接触度は3位となっています。

また住んでみたい人をあらわす居住意欲度では3位、旅行で訪れたいと考えている人をあらわす観光意欲では2位を獲得しています。京都市にたいするイメージとしては歴史・文化のまちという項目で1位、学術・芸術のまちという項目では3位を獲得しており、総合的に高い順位をキープしています。

ちなみに、2位は函館市、3位は札幌市です。京都市、函館市、札幌市は市町村の人気ランキングでは常に上位であり、長年にわたり魅力的なイメージの市町村と認識されています。

人気ランキングのトップ10をみていくと、4位は小樽市、9位に富良野市がはいっており、北海道の市町村がとても人気が高いことがわかります。さらに、そのほかの市町村で魅力度やイメージが高まっているのは、仙台市、広島市、福岡市などの地方都市です。

 

あの街、この街の
“おもしろい”がここに

自治体のイロイロな情報を日々発信!
人気の広報紙やユニークなイベント、民間企業とのコラボレーションなど。
普段あまり目にすることがない情報を、一気に入手できます。
魅力ある街づくりのアイデアや、暮らしを楽しくするヒントが、きっと見つかります。

メルマガ会員募集中