佐倉市で暮らす魅力たっぷり!移住体験モニターツアーって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉県佐倉市のモニターツアーをご紹介
東京から電車で1時間、“アクセスよし・自然よし・暮らしよし”の千葉県佐倉市で、移住促進を目的とした「体験日帰りモニターツアー」が行われます。

子育てや子どもの教育へのサポート、歴史や文化、スポーツなど佐倉市で暮らす魅力をたっぷり体験できるツアーをご紹介します。

佐倉市ってどんなとこ?

佐倉市は千葉県北部、下総台地の中央部に位置し、都心から約60分の距離にあります。

北総台地を流れる川と印旛沼がある北部、首都圏のベッドタウンである西部、工業団地や佐倉インターチェンジがある南部。京成佐倉駅周辺には佐倉城址公園や武家屋敷などがあり、歴史の息づかいも感じられます。

出展:さくらでくらす http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/kurasu/index.html

佐倉市の魅力

豊かな自然

印旛沼湖畔の佐倉ふるさと広場では、四季折々、カラフルな花が咲き誇ります。春には60万本のチューリップ、夏は2万本のひまわり、秋はコスモスを一面に見ることができます。

印旛沼や谷津、水田などの水辺や緑地など佐倉市が誇る豊かな自然では、多様な生き物を観察することができます。水の流れや、緑をそよぐ風の音を感じると、心がとても落ち着きます。なお、ツアーで体験するチューリップ球根の植え付けは、毎年4月に開かれる関東最大級のイベント「佐倉チューリップフェスタ」のチューリップ畑で行います。

歴史の息づかい

徳川家康の重臣・土井利勝は、400年前の江戸時代初めに佐倉城と城下町を整備しました。それ以来、佐倉は、江戸の東を守るかなめとして、重要な位置を占めてきました。市内には、武家屋敷や佐倉順天堂記念館、旧堀田邸など歴史を感じさせる建造物が数多く残っています。

毎年10月には、江戸時代から続く秋祭りが盛大に催され、神輿や山車がダイナミックな動きで城下町を巡ります。佐倉市では、今に残る伝統や文化を感じることができます。

子育てと教育

佐倉市には、整備された保育園や学童保育所があり、共働き世代の子育てをサポートしています。市では、子育てコンシェルジュを設置し、経験のある保育士や社会福祉士が、子育て支援情報や保育サービスをわかりやすく案内しています。また、休日・夜間に診察する小児初期急病診療所があるほか、病後児保育を市内3ヵ所で実施しています。

市内の小中学校の給食は、自校調理方式です。地場産物を活かし、あたたかくておいしい給食を各学校独自の献立で提供します。また、学校では佐倉の歴史や文化を学ぶ「佐倉学」の取り組みが行われており、郷土への愛着や誇りをもった豊かな人材を育てています。

移住体験モニターツアー

気になるツアーの概要は以下の通り。

◆日程 2017年12月9日(土) 10:00~16:00
◆集合 10:00 JR佐倉駅/10:15 京成佐倉駅
◆参加費 無料(昼食含む)
*自宅から集合場所までの往復交通費は自己負担となります。
◆対象 佐倉市外在住で、佐倉市への移住に興味・関心のある方
◆移動 貸切バス
◆募集人数 20名
◆締め切り 2017年12月5日(火)
*募集人数に達した場合は、締め切り前でも募集は終了します。
◆主催 佐倉市
◆申し込み http://tobutoptours.jp/shop/3309/sakura/

◆行程
JR佐倉駅/京成佐倉駅発 → 佐倉ふるさと広場(チューリップ球根植え付け体験)→ 佐倉きのこ園(しいたけ狩り体験・バーベキューの昼食)→ 武家屋敷(キッズサムライ体験)→ JR佐倉駅/京成佐倉駅着

応募にあたっては、申し込み用ページをご参照ください。