見逃せない!クーポン&プレゼント付きのお得な広報紙8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの自治体で全戸配布されている広報紙。住民にとって有益な情報が載っていますが、なかなか手にとってもらえないという声も珍しくありません。

そんな中、最近では誌面でお得なクーポンやプレゼント企画を行っているものが注目を集めています。閲読率アップだけでなく、地域のお店や事業者のPRにも活用されているとのこと。

今回は、見てうれしい、もらってうれしい広報紙をご紹介します。

霧島市「広報きりしま」

鹿児島県で初めてクーポンを採用した霧島市。「地元応援クーポン券」として別紙で中綴じしてあります。転勤で転入したサラリーマンなど、お店が分からないと言う人にも役立っているそうです。また、クーポンを出している店舗側からも良い反応があるんだとか。

さらに、こんなクーポンを出してほしいといった要望もあり、毎月クーポンに関する声をお便りでいただいているそうです。

菊池市「広報きくち」

こちらは熊本県内で初めてクーポン中綴じを実施。霧島市の事例を参考にされたそうです。「おトクーポン」という名前で別紙中綴じです。反応は上々で、開始から2年半で10枠から26枠に増枠。それでも掲載希望の事業者にお断りを入れることもあるとのこと。

クーポンの利用枚数も増えており、利用者からも店舗側からもニーズがあるのが分かりますね。

所沢市「広報ところざわ」

平成28年5月号にリニューアルした「広報ところざわ」。そのタイミングでスタートしたいくつかのコーナーの中に「今月のプレゼントクイズ」があります。紙面の中でいくつかクイズが出題され、それらの答えと今月号の感想を記入して広報課まで郵送すれば受付完了。

プレゼントは引換券を送るスタイルで、ランチセットや映画のチケットなど「当選者が直接出向いて味わうもの」にしているのが特徴的。応募数は増加しており、読者である市民の声を直接聞くことができる手段として重宝されているそうです。

リニューアルの背景などは、こちらで語ってもらっています。

上野原市「広報うえのはら」

広報紙のページ内にクーポン発見。切り取って使えるようになっています。縦に並べてあるのは珍しいパターンです。自分が行きたいお店のものがあったらラッキーですし、クーポンきっかけで今まで知らなかったお店に出会えることもあるので嬉しいですよね。

志布志市「市報しぶし」

広報紙の中に郵便はがきが印刷されています。裏にはアンケート欄が設けてあり、そこに答えることで応募になります。応募いただいた中から「市民のこえ」に掲載されることもあり。

巻頭で紹介されたものがプレゼントになっているのは興味をそそります。

富岡市「広報とみおか」

裏表紙にアンケートを設けています。答えて応募するとプレゼントが当たるかも。プレゼントは、富岡市の企業や店舗限定にしているそうです。

また、当選者に発送するのではなく直接店舗に出向いてもらうようにしているので、「ついでに」何か欲しくなっちゃうかも。消費拡大も望めていいですね。

垂水市「広報たるみず」

「お便り&市長へのメッセージ&プレゼント」と銘打った盛りだくさんなコーナー。市長へのメッセージを気軽に送ることができるのはいいですね。プレゼントもバラエティ豊かです。

生活していて困ったことや嬉しかったことなど、プレゼント応募がてら市長にメッセージしてみませんか?

三芳町「広報みよし」

裏表紙に、「クイズ&アンケート」があります。広報クイズは、紙面を見ていないと難しい問題です。が、それは紙面を見ていればとても簡単だとも言えるわけです。しっかりと広報紙を読んでもらうための熱意を感じました。

クイズをきっかけに内容を読み込んでもらい、アンケートで意見をいただく。さらにプレゼントで喜ばれる。いいことづくめのサイクルが秀逸です。

まとめ

いかがでしたか?クーポンやプレゼント企画を実施している広報紙をまとめました。

アンケートを通して読者の意見や声を聞くことができるのは、作り手にとっての励みにもなりますね。

地域住民とのコミュニケーションツールとして、広報紙がさらに発展していくことを期待しています。